トップページ < お役立ち記事 < 住宅ローンでよく聞く「ネット銀行」とは・・・

お役立ち記事

住宅ローンでよく聞く「ネット銀行」とは・・・

住宅ローンを検討するうえで、ひとつ候補に上がるのが、ネット銀行があると思います。


ネット銀行は住宅ローン金利が安いイメージがあるので、魅力的に感じる人も多いかと思いますが、金利が安いと言う理由で、人生にのしかかってくる住宅ローンをネット銀行で選んでいいのでしょうか?

つなぎ融資・・・?

早速ですが、ネット銀行は地元の金融機関と違い対面で直接、人と話をすることができません。

その分、利用する側が、その銀行の住宅ローンの内容や特徴を理解していないといけないのです。

特に注意が必要なのは「つなぎ融資」です。

住宅ローン金利や手数料など直接、関わってくる部分には皆さんも注意をされますが、実際の融資のタイミングや住宅ローンの実行までの流れについてなかなか理解しづらいところもあるのではないでしょうか?

そのような理由から、住宅ローン業界で、多くのトラブルになるのが、この「つなぎ融資」です。


通常「注文住宅」の場合は建売住宅や分譲住宅と違い、建物代金を「契約金」「中間金」「最終金」というように複数回に分けて建築会社のい支払います。


この場合、自己資金で「契約金」「中間金」が準備できない方もいらっしゃると思うのですが、そういった場合は、次の2つの方法を使います。


それは住宅ローンの「選考融資」をうけるか「つなぎ融資」を利用するかです。

先行融資・・・?

「先行融資」というのは、通常では建物が完成しないと実行することができない住宅ローンを完成前に先行して受ける事を言います。

「つなぎ融資」というのは建物が完成するまでに支払いの必要な中間金を住宅ローンとは別に融資してもらう特殊なローンです。

新築住宅の場合は、多くの会社さんが、
①ご契約時に何割かのお支払い
②着工時に何割かのお支払い
③工事途中で何割かのお支払い
④最終の完成時に残りをお支払い

というように、回数を分けて支払いを行っていくのですが、この2つのどちらも利用できない場合は、建物の中間金を建築会社に支払うのが難しくなります。

しかし、ネット銀行の住宅ローンの場合、この2つともが利用できないこともよくあります。

もちろん全てのネット銀行が利用できないわけではないですし、利用できない場合でも他の金融機関を利用する方法があります。

この場合、建売住宅であれば、何の問題もありませんが、注文住宅の場合は問題が発生します。

他社さんで契約が進み、もう建築が始まる、という直前でこういう事情に気づき、ここでご契約していた会社さんとモメて、頼るところがないという方から、大慌てのお客様の相談を受けることがあります。

夢の新築マイホームが工事も始まっていないのに、最悪の思いでになってしまいそうですね。

そうならないように、利用する時はぜひ事前に調べておくことをおススメします。

もしくは、我々のような専門家に相談、説明をうけて、しっかりと準備をしてから住宅ローンの申込などを行うといいですね。

イトー工務店では人生設計に関係するライフプランから資金計画までのサポートを個別相談させていただいていますので、お気軽にご相談ください。



「住宅ローンについてもっと詳しく知りたい!」という方には住宅ローンに関する無料セミナーも受け付けています。
ご希望がありましたら、ご参加ください。