トップページ < ブログ一覧 < ブログ詳細
2020.02.08
工事現場レポート

自宅の現場レポートです。もうすぐ完成!

監督 伊藤武

こんにちは!監督の伊藤武です。
新しいホームページになって、はじめて投稿します。

まずは先に私の自宅の見学会のお知らせから。

愛知県西尾市吉良町雑役免(ホワイトウェーブ21から約5分)で、
エコ住宅の見学会があります!
>>>ご興味ある方は、こちらをご覧ください(^^)/


外観です。

エコ住宅の1棟目として建築している私の自宅も、
外観がほぼ出来上がって足場も外しました。

もう後は、仕上をしていくだけの段階となっています。

私の自宅の地域は、
まだ下水設備がない、、、というか、
まったく計画が無い場所なので、
下水に接続する代わりに浄化槽を埋めて排水を
していきます。

内観です。

内観も、クロスも貼れて床の養生シートを外せば、
もうs完成間近な状態になりました。

ちょっと明かりの具合で見づらいですが、
この器具がポイントです。

日本スティーベル社の、ダクトレス換気ツイン・エアー・フレッシュという
機械です。

24時間の換気をしてくれる機械なのですが、
通常、機械で24時間の換気をコントロールする時
(第一種換気と言います)は、
天井裏に、ダクトと大きな機械を設置して、
ダクトを通って24時間の換気を行います。

その場合、使い方をしっかり考えないと、
ダクトの中でカビが生えてしまうという心配があります。

でも、今回採用したこの機械は、
ダクトレスといって、
天井裏に大きな機械と
空気を送る為のダクトが必要ないものとなっています。
なので、ダクトの中がカビるということが無いです。

また、この小さな機械の中で、
上の絵のような熱交換という仕組みが活きています。
通常、換気をすると、外から空気と一緒にこの季節なら寒さも
室内に入れ込んでしまうのですが、
この機械を使えば、空気は入れれても寒さは入れないという
驚くような結果が出ます。

実際に、興味ある方は、
見学会で確かめてみてください。

珍しいと評判の半床置きエアコン

これがエコ住宅のポイントになる、
半床置きエアコンです。
このエアコン1台で暖房をまかなうという仕組みです。

しかも、このエアコン14畳用の力しかもっていないので、
ちゃんと上手に動いてくれたなら、
電気代も安くなるということです。

今月末にエコ住宅見学会があります!

私の自宅の見学会・エコ住宅体験会は、
愛知県西尾市吉良町雑役免(ホワイトウェーブ21から約5分)で開催です。

是非是非、多くの方に体感していただきたいと思っています。

>>>ご興味ある方は、こちらをご覧ください(^^)/

ではまたブログを更新します!