トップページ < 【西尾市】周りの目線を気にしない目隠しデッキのおウチ

【西尾市】周りの目線を気にしない目隠しデッキのおウチ

箱型の外観でも、中の間取りはコの字という不思議な設計。

真ん中の目隠しルーバーの奥は、
屋根付きのウッドデッキになっていて、
街中なのに周りの目を気にせずにくつろげるようになっています。

また、西尾市の市街地のお家なので、
外部の視線が気にならないよう、窓の位置は高めに設定しています。

こういった細かいこともご要望に応じて対応できるのが、
注文住宅の良さですね。

目隠しルーバーの奥には、約5畳のウッドデッキスペース。

外部からの視線を遮断しているので、
ゆっくりくつろいでいただくことができます。

また、リビング→ウッドデッキ→ダイニングというような、
回廊式になっているので、家の中でお子さんたちが
走り回る様子も楽しみです。

玄関には、土間収納がそなえてあり、
たくさんの靴や、ベビーカー、他にも土のついたものなどを
たっぷり収納できるようになっています。

玄関ホールからも、ダイニングからも、そしてリビングからも
出入りができるウッドデッキが一番の特徴。

このつくりなら、どの部屋にも明かりが行き届きます。

リビングのテレビ裏は、柄を変えてアクセントに。

また、一面テレビの下に収納にしてあるので、
ビデオデッキや、ゲーム機などたくさんある電化製品を
きれいに収納できます。

リビングからダイニング、キッチンまで、
一直線の配置。

また、リビング階段なので、
家族の行き来がいつでも感じられる間取りです。

キッチンとカップボードは
床としっかりコーディネート。

使いづらいカップボードの吊戸棚はつかわずに
高めの窓を配置することで、

キッチンの明るさもしっかりとれています。

カップボードの奥には扉付きのパントリー。

可動棚なので、収納したいものに合わせて高さを変えられて
無駄のないスペースをつくります。

各部屋には、それぞれ一面だけ壁紙を変えてお部屋にアクセントを与えます。

この部屋は黄色。

この部屋はネイビーに。

お部屋が引き締まります。

すべてのお部屋に天井までのハイドアを使っているので、
広さをしっかりと体感することができます。

このお部屋はグリーンを選択。

収納の扉もハイドアなので、
上のスペースまでしっかりと使うことができます。

ユニットバスはクリナップ製。

棚を色々と組み替えてご家族が使いやすい配置に
カスタマイズができるのも特徴です。

もっと詳しく知りたい方は

【吉良町】屋根付きウッドデッキがカッコいいおウチ

【幸田町】回廊できるアイランドキッチンが特徴のおウチ

【一色町】LDKとタタミスペースが特徴の平屋のおウチ