トップページ < 【西尾市】化粧梁のリビングが特徴のおウチ

【西尾市】化粧梁のリビングが特徴のおウチ

外観デザインは、左右対称のシンメトリーデザインに。間取りと外観の融合は注文住宅プランニングの最重要ポイントです。

梁を見せる化粧梁を使う事で、リビングの天井の高さがより高く表現できます。また、奥に見えるカウンターは下段にテレビ、上段にDVDなどのデッキを置く設計に。子育て中は、お子さんが好奇心でデッキなどをいじってしまうものですが、お子さんの手の届かないところにデッキを配置する工夫も。子育て注文住宅ならではのアイデアです。

左側の入口は、玄関ホールからの扉、右側の扉は洗面、トイレ、階段へ向かう為の廊下への扉。その間には、化粧柱を2本つけて目隠し効果とインテリア効果を出します。

子育てのママ・パパにとって、思春期に一度リビングを通って「おかえり」「ただいま」とコミュニケーションがとれる間取りの工夫は子育て後半の将来に向けての安心へとつながります。

キッチン前のカウンターは、お子様が学校に上がったら、宿題をしたり、学習をする為の場所。子育てをしていくなかで、生活習慣、学習習慣は子育てをするママ・パパの悩みどころ。そこをしっかり注文住宅でご対応しました。

お子様が学習習慣をつける前は、パパのパソコン場所としても活用できるように、パソコンのネット配線なども注文住宅の打合せ中にでた案件として対応させていただきます。


キッチンのペンダント照明は可愛らしいタイプの照明を選択。こういった一つ一つのこだわりを叶えるのが注文住宅の醍醐味です。

リビングからダイニングを見ると、西側にもしっかりと窓配置があり、明るさを確保できます。
リビングのテレビコーナー隣の収納は、オモチャがたくさん入るように計画。子育てのおウチにオモチャの収納は実は必須です。

キッチンは落ち着く濃い木目の扉を選択。キッチンからリビングで遊ぶお子さんを見守る事ができる間取りです。家事をしながら子育てを安心して行える設計。そしてキッチンのコンロの隣の扉からは、洗面脱衣場へ進むことができ、食事の準備から洗濯までの家事動線にも配慮した子育てママの為の設計です。

キッチンから扉を開けると洗面脱衣室。家事動線を考えた間取りで、キッチンでの食事の準備、洗面脱衣場での洗濯、お風呂の掃除などをなるべく短い距離にする工夫も注文住宅で実現しました。

子育て中のママにも、自分だけの時間、自分だけの場所も必要。大好きな本を読んだり、家計簿をつけたりする場所がリビングから直接見えない所に設計。子育てママのほっと一息の”わたしだけの空間”。普段はロールスクリーンで隠せるようにもします。

ベランダで干した洗濯物を取り込んだら、2階のアイロンスペースで畳んだり、アイロンをかけたりできるように、専用スペースを設けています。家族の人数だけ、洗濯物は多く、子育て時期には本当に沢山の洗濯物を毎日整えなければいけないママのこだわりポイント。

「洗濯→階段→ベランダで干すという」の家事動線と、「ベランダで取り込む→アイロンスペース→クローゼット(2階)」という家事動線(収納動線)をしっかり注文住宅ならではの設計で実現しました。

「いってきます!」の玄関には、ホワイトの姿見付きの玄関収納を。毎日の身だしなみを整えてお出かけください。

明るい玄関から、毎日が始まります。

もっと詳しく知りたい方は・・・

【幸田町】回廊できるアイランドキッチンが特徴のおウチ

【碧南市】リビングのタタミスペースの工夫が面白いおウチ

【一色町】LDKとタタミスペースが特徴の平屋のおウチ