トップページ < 【吉良町】大好きな自転車を楽しむ趣味ガレージのおウチ

【吉良町】大好きな自転車を楽しむ趣味ガレージのおウチ

シャープなイメージのフラット平板瓦と、広くせり出した軒が重厚感を感じさせます。

趣味の自転車をいじるためのインナーガレージにはシャッターを備え付けて、休日はこのシャッターを開けて、屋根付きインナーガレージの中で大切な自転車をカスタマイズ。もしも休日が雨の日でも、屋根付きインナーガレージなら関係ありません。

せり出したベランダの下には洗濯物を干す物干しをつけます。新築で同時にウッドデッキもつくったので、ウッドデッキの高さを新築時に合わせて床の高さまで上げて、洗濯したらリビングの窓から出て洗濯物が干せるように。また、ベランダの軒が夏場の直射日光をさえぎる役割ももち、夏の部屋の温度上昇を和らげる働きもあります。


玄関は北側に配置しているので明かるさ確保のため、ガラス入りの玄関ドアに。玄関ドアの隣には、インナーガレージへの入口の扉を設置して、趣味の自転車をカスタマイズしに向かうことができます。

キッチンからはカウンターを挟んでダイニングと対面に。食事時の家族の会話が準備からはずみます。また、椅子はキャスター付きの家具を購入いただきましたが、キャスターでも傷がつかない床を標準仕様に設定してあるので、安心です。

新築の打合せで「ナチュラル感を出したい」というご要望もあり、天井に1本梁を出す工夫も。

リビングの一角には、床と同じ高さのタタミスペースが。小さなお子さんをここで寝かしつけ、安心してリビングで自分のことができます。ナチュラル感を出すために、柱をクロスで隠してしまうのではなく、化粧柱として見せるのも新築ならではのご要望を実現した設計です。

床からの食器棚と、隣には食材などをしまっておくパントリースペース。収納量が抜群の天井までの高さに、棚板を細かく配置しています。棚板は新築時の打合せで増やすことも減らすこともできます。

パントリーの奥には、家電製品を収納しておく腰高の収納。収納内部にコンセントが備わっているので、たくさんのキッチン家電もしっかり収納できます。

趣味のパイク(自転車)の為のインナーガレージ。ここでは、楽しみにしている自転車のカスタマイズを行えるように、作業スペースと道具の収納棚をバランス良く配置。壁はインナーガレージに良く似合うOSB合板に塗装を重ねモダンガレージを演出しました。

新築をして、自分の趣味や大切なモノを実現するアイデアを基に設計しました。

洗面脱衣ばは、道具とスペースが特に必要な場所。用途に合わせた収納棚を大工の手作りで作成し、計画的に収納をします。もっとも人の行き来のあるところだから、いつでもスッキリさせておきたいですね。

もっと詳しく知りたい方は

他の施工事例も見る

碧南市のリビングのタタミスペースの工夫が面白いおウチ

碧南市の5人家族が笑顔で暮らす広いリビングのある家

【吉良町】バイクがいじれるインナーガレージ付きの家